本文へ

業務実績 業務実績

業務実績

福利厚生業務

駐留軍等労働者に対する福利厚生事業の概要及び実施状況については、次のとおりです。

災害見舞金

水害や火災、震災、台風その他の天災地変により、駐留軍等労働者の財産が損害を受けたり、駐留軍等労働者又はその被扶養者が亡くなった場合に見舞金を支給しています。

(単位:件、千円)

区分 平成30年度 令和元年度 令和2年度
支給件数 8 3 2
支給額 1,600 895 342

制服及び保護衣

特定の職種の駐留軍等労働者に対し、職務上必要な制服及び保護衣を貸与しています。

(単位:千円)

区分 平成30年度 令和元年度 令和2年度
購入額 302,223 328,104 310,665

退職準備研修

50歳以上の駐留軍等労働者に対し、今後の生活設計、退職手当制度、年金制度など退職後の生活に必要な知識を習得してもらうためのセカンドライフプランセミナーを実施しています。

(単位:人)

区分 平成30年度 令和元年度 令和2年度
受講者数 478 529 399

成人病予防健康診断

国(防衛省)が実施する定期健康診断の受診対象年齢ではない駐留軍等労働者のうち、一定の年齢の者に対し、胃、心電図、肝機能、子宮ガン、乳ガン、大腸ガン及び肺ガンの7項目の検査を実施しています。

(単位:人)

区分 平成30年度 令和元年度 令和2年度
受診者数(延べ) 10,397 10,218 10,090

心の健康に係る相談

駐留軍等労働者及びその家族の心の健康対策として、精神的不安、自信喪失等に起因する職場不適応などの軽減、解消を図るため、外部専門機関に相談窓口を設置しています。

(単位:件)

区分 平成30年度 令和元年度 令和2年度
相談件数(延べ) 368 366 262

職場生活相談

駐留軍等労働者が抱える職場及び家庭生活における悩み又は不安等を軽減・解消するための相談窓口を各支部に設置しています。

(単位:件)

区分 平成30年度 令和元年度 令和2年度
相談件数(延べ) 234 299 244

特別援護金

駐留軍等労働者が業務災害又は通勤災害の療養のため無給となった場合、負傷又は疾病が治ったときに身体に障害が残った場合、又は死亡した場合に、労災保険に上乗せして休業特別援護金、障害特別援護金又は遺族特別援護金をそれぞれ支給しています。

(単位:千円)

区分 平成30年度 令和元年度 令和2年度
支給額 32,346 24,585 43,859

健康管理室

駐留軍等労働者の健康の保持増進を図るため、防衛省と連携し、防衛省が契約する産業医及び保健師の活動拠点として、各支部(京丹後支部を除く。)に健康管理室を設置し、産業医及び保健師による駐留軍等労働者への保健指導、健康相談等を実施しています。

(単位:件)

区分 平成30年度 令和元年度 令和2年度
保健指導等件数 4,720 5,154 3,899
Get ADOBE READER

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード別ウィンドウで開きます

ページの先頭へ